犬の前頭骨陥没骨折の1治験例 A Case of Depression Fracture of the Frontal Bone in a Dog

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 宇根 智 UNE Satoshi
    • 山口大学農学部獣医学科家畜外科学教室 Department of Veterinary Surgery, Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
    • 奥田 優 OKUDA Masaru
    • 山口大学農学部獣医学科家畜内科学教室 Department of Veterinary Internal Medicine, Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
    • 桑井 ゆか [他] KUWAI Yuka
    • 山口大学農学部獣医学科家畜外科学教室 Department of Veterinary Surgery, Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
    • 古田 智浩 FURUTA Tomohiro
    • 山口大学農学部獣医学科家畜外科学教室 Department of Veterinary Surgery, Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
    • 中市 統三 NAKAICHI Munekazu
    • 山口大学農学部獣医学科家畜外科学教室 Department of Veterinary Surgery, Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
    • 田浦 保穂 TAURA Yasuho
    • 山口大学農学部獣医学科家畜外科学教室 Department of Veterinary Surgery, Faculty of Agriculture, Yamaguchi University

抄録

2歳齢の雌犬が、前頭部と鼻孔からの出血および全身状態の悪化を主訴に来院した。各種検査より、前頭骨の陥没骨折、脳実質の圧迫および広範な浮腫などを認めた。外科的手術を実施し、陥没した骨折片の摘出および前頭洞の再建を実施した。手術後の回復は良好で、第2病日には威嚇まばたき反射は正常化し起立可能となり、手術直後のX線CT検査および第14病日のMRI検査では、骨の整復および脳実質の圧迫、浮腫の改善が認められた。手術24ヵ月経過後も異常な臨床症状は発現していない。

収録刊行物

  • 獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 34(4), 97-103, 2003-10-31

    獣医麻酔外科学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012096914
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10158155
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09165908
  • NDL 記事登録ID
    6858680
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1432
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ