S状結腸憩室穿孔による直腸肛門周囲膿瘍の1例 A Case of Perirectal Abscess due to Perforation of Diverticulum of the Sigmoid Colon

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は48歳の男性。発熱, 肛門周囲の腫脹疼痛および少量の粘液便を主訴に来院し, 肛門周囲膿瘍と診断され切開排膿を行った。瘻孔造影で肛門周囲膿瘍の切開孔とS状結腸に交通を認め, 注腸造影でS状結腸に多数の憩室が存在した。このため, S状結腸憩室が原因となった直腸肛門周囲膿瘍と診断した。なお, 痔瘻は認められなかった。大腸憩室症の合併症としては, 出血, 憩室炎およびこれに関連した穿孔, 局所の膿瘍形成, 瘻孔形成, 狭窄などの合併症をきたすとされているが, われわれが検索した限り, 直腸肛門周囲膿瘍の形成例は報告がなく, きわめて稀な症例であると考えられた。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌

    日本外科系連合学会誌 29(1), 85-88, 2004-02-28

    日本外科系連合学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012122791
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ