らい菌のリポ蛋白に関する研究 Studies of Lipoproteins of Mycobacterium leprae

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ハンセン病の病原体であるらい菌の生体防御に関わる因子として、リポ蛋白に着目した。現在までに、結核菌の分子量19kDのリポ蛋白が、感染免疫反応に重要な役割をしているインターロイキン12(IL-12)を強く誘導することが報告されている。近年、らい菌のゲノムプロジェクトのデーターベースが完成され、脂質附加を受けることが予想される幾つかのリポ蛋白をコードするらい菌遺伝子を探索することができた。その結果、らい菌の33kDリポ蛋白はIL-12を強く誘導し、生体防御反応に密接に関与しているものと想定された。

The deciphering of the genomic sequence of <I>Mycobacterium leprae</I> has made possible to predict the possible lipoproteins. The consensus sequence at the N-terminal region of the protein, including the cysteine residue to which the lipid moiety gets attached, provides a clue to the search. As such, more than 20 putative lipoproteins have been identified from <I>Mycobacterium leprae</I> genomic sequence. Lipoprotein LpK (<I>Accession no. ML0603</I>) which encodes for 371 amino acid precursor protein, was identified. Expression of the protein, in <I>Escherichia coli</I> revealed a 33 kD protein, and metabolic labeling experiments proved that the protein was lipidated. The purified lipoprotein was found to induce production of IL-12 in human peripheral blood monocytes which may imply that <I>M. leprae</I> LpK is involved in protective immunity against leprosy. Pursuit of such lipoproteins may reveal insights into the pathogenesis of the disease.

収録刊行物

  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy

    日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 73(1), 15-21, 2004-02-28

    Japanese Leprosy Association

参考文献:  37件中 1-37件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012122937
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10559906
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13423681
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ