ハンセン病における眼後遺症 Ocular impairment in leprosy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ハンセン病はさまざまな眼病変を引き起こすが、その後遺症となる眼疾患も頻度が高く多様である。Primary impairmentはらい菌による神経や眼組織への直接浸潤の結果起こる障害であり、secondary impairmentは神経麻痺と遷延する炎症から派生する合併症である。現在の日本の療養所においてはこれらの後遺症の管理が主体となっている。<BR>療養所入所者の定期健康診断の中で臨床眼科検査を行い、後遺症とその罹患状況を調べた。その結果、既存のハンセン病後遺症に加え、加齢による眼疾患の増加が見られた。さらにハンセン病特有の複合した知覚障害や身体障害は検査や治療を難しくしている。これらの問題解決のためには、機器の改良や新しい医療技術の適用を受けて、進行する視覚障害を最小限にとどめられるよう求められていると考える。

Leprosy causes several ocular disorders, and it also causes aftereffect with high frequency in various ways. Primary impairment is the ocular disturbance caused with direct invasion of nerve and ocular tissue by <I>Mycobacterium leprae</I>. Secondary impairment is the complication of nerve paralysis and residual inflammation due to primary disorder. Main work at Japanese national leprosariums has been the control of primary and secondary impairment in recent years. <BR>Clinical ophthalmic study in the leprosarium revealed a increase of age-related ocular disease in addition to aftereffect of leprosy. Severe sequelae due to sensory and functional disturbance will require suitable applications of advanced clinical technologies.

収録刊行物

  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy

    日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 73(1), 23-35, 2004-02-28

    Japanese Leprosy Association

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012122975
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10559906
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13423681
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ