ニューキノロン使用指針 Guideline for the Treatment of Leprosy by New Quinolones

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本ハンセン病学会は、2000年に「ハンセン病治療指針」<SUP>1)</SUP>発表し、化学療法をはじめ診断と治療、後遺症の予防と治療についてのガイドラインを、2002年には、治療指針に基づいて治療を受けた患者の「ハンセン病治癒判定基準」<SUP>2)</SUP>を示した。ハンセン病の治療は、治療指針またはWHO/MDT(1997)<SUP>3)</SUP>に基づいて治療されるが、すでにMDT3薬中2薬に対しては多くの耐性報告がある。その対応策としてニューキノロン系薬であるオフロキサシン(OFLX・商品名タリビット)が多用された結果、OFLX耐性も増加してきている。厚生労働省「新興・再興感染症研究事業ハンセン病感染の実態把握及びその予防(後遺症の予防を含む)・診断・治療法に関する研究」の一環として、ニューキノロンの使用基準に関する小委員会はOFLXの耐性症例を調査しOFLX耐性の発生を防止する方法を検討した。その結果を踏まえて、小委員会はここにニューキノロンの使用指針を提示する。

Ofloxacin(OFLX) is often applied today as a substitution drug of MDT for drug resistance to dapsone, rifampicin or clofazimine. However, OFLX resistance is also becoming a great concern. Low and/or irregular administration are considered to be the major causes of OFLX resistance. OFLX should be used as a combined therapy, and minimal daily dose of 400mg of OFLX or 200 ?? 300mg of levofloxacin is required. Quinolone resistance should be considered when no improvement of clinical and/or bacterial index is observed after the treatment for 6 months. In such cases, resistance gene detection is necessary.

収録刊行物

  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy

    日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 73(1), 65-67, 2004-02-28

    Japanese Leprosy Association

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012123039
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10559906
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13423681
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ