地中探査レーダによる積雪内部層構造と積雪水当量の推定 Investigations of internal structure of snow-cover and snow water equivalent with ground-penetrating radar

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

季節積雪の水当量や内部層構造は空間変化に富むため,断面観測に頼る従来の観測方法では不十分である.本研究では,都市工学用途に開発され近年では雪氷学にも応用されている地中探査レーダ(GPR)を用いて,積雪内部構造と積雪水当量を推定する手法を検討した.まず,機器の特性を把握するため,反射の起こらない環境で機器起因のノイズレベルを測定した.次に北海道各地および富山県室堂平において,積雪のGPR観測および断面観測を行った.その結果,GPRにより積雪中の氷板が検知出来ることが分かった.また,観測結果および北海道各地における過去の積雪データを用いてGPRの遅延時間から積雪水当量を求める計算式を得た.この計算式を用いると,密度を実測せずとも広範囲の積雪水量を一割程度の誤差で見積もることが出来る.

In order to survey snow water equivalent over vast areas and to study the internal structure of the snow cover, a ground-penetrating radar (GPR), which has been popular in engineering applications, was used. First, we carried out calibration experiments in an open space to determine the noise level of the system (800-MHz GPR) . Second, we made observations of winter snow-cover in Hokkaido and Murodou-daira, Toyama prefecture. As a result, it was found that the GPR is capable of detecting numerous thin ice layers within the snow-cover. Finally, based on analyses of snow survey data in Hokkaido and GPR measurements, simple equations were derived for various types of snow in Hokkaido, which are able to estimate snow water equivalent only from two-way travel time (delay time) by GPR surveys.

収録刊行物

  • 雪氷

    雪氷 66(1), 27-34, 2004-01-15

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012127024
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    6853300
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ