土壌汚染の市場規模 State of Soil Contamination and Market Scale of its Remediation Business

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>土壌汚染の顕在化の状況と土壌法施行以前の自主的対策の状況を解説.土壌法の成立の経緯と土壌法の施行状況をもとに市場規模の動向を左右する要因として,土壌法施行の効果,浄化件数・金額の実績,指定区域に対する市場の評価,土壌法への事前対応の観点から今後の市場規模について考察を行った.なお,当センターが推計した土壌汚染調査対策費用の推計は土壌法の市場規模を推計したものではない.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 43(1), 28-32, 2004-02-15

    安全工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012129868
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    6857005
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ