頭頸部癌治療における分子標的増感 : HDAC3の可能性 MOLECULAR TARGET THERAPY FOR HEAD AND NECK CANCERS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

癌の治療を困難にしている要因として, 腫瘍の内部低pHによる放射線・抗癌剤抵抗性があげられる。低pH条件下での温熱感受性の増感効果 (温熱のpH効果) は, 固形癌治療において有力な治療法として期待され, 最近複数の条件の組み合わせによる治療の増感効果が検討されている。またその際発現する分子に着目した分子標的増感・治療の研究も急激に進んでいる。今回我々は histon deacetylase 3 (HDAC3) が, 頭頸部癌細胞株において温熱治療に対する抵抗性に深く関与することを見出した。HDAC3を抑制すれば, 温熱のみならず, 放射線などその他の治療においてもそのアポトーシス誘導を増強できることが判明し, HDAC3をターゲットとした頭頸部癌における分子標的治療の可能性が示唆された。

An acidic environment is known to up-regulate apoptosis by heat-shock. This phenomenon is called the pH effect and is expected to be applied to therapies for cancers. Recently, many reports on molecular target therapy or enhanced cancer therapy have been reported.<br>Here, we examine whether histon deacetylase 3 (HDAC3) is associated with apoptosis in head and neck cancer cell lines. The expression of HDAC3 is induced by low pH and hyperthermia. Repression of HDAC3 by antisense RNA oligonucleotide enhances apoptosis induced by hyperthermia, radiation, and cisplatin. These results showed that the suppression of HDAC3 might be applied to molecular target therapy for head and neck cancers.

収録刊行物

  • 頭頚部腫瘍

    頭頚部腫瘍 29(3), 499-504, 2003-09-25

    Japan Society for Head and Neck Cancer

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012172630
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00165234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09114335
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ