頭頸部癌における重複癌の臨床的考察 : 特に食道癌同時重複症例の手術について SYNCHRONOUS ESOPHAGEAL CANCER IN PATIENTS WITH HEAD AND NECK CANCERS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1990年1月から1999年12月までの頭頸部管腔癌患者 (扁平上皮癌) 計2297例のうち, 頭頸部癌の治療時および治療後2000年12月までに重複癌を認めたものは258例 (11.2%) あった。重複部位は多いものから順に, 食道, 頭頸部, 胃, 肺であった。同時重複食道癌は81例あったが, 下咽頭癌の13.7%に初診時食道癌を合併していた。そのなかで20例が治療として喉頭全摘を含む同時手術が施行されていたが, 開胸して縦隔を郭清したものは気管断端の壊死が生じる頻度がやや高くなり, それを防ぐために甲状腺を気管に付着させたままで保存する術式や, 敢えて異時手術とする場合を紹介した。

In 2297 cases of hollow organ cancer of the head and neck region treated in our hospital from Jan. 1990 to Dec. 1999, 11.2% had second primary cancers by Dec. 2000. Esophagus accounted for 29.1%, the head and neck area for 25.7%, stomach for 11.9%, and lung for 7.5%. Eighty-one cases had synchronous esophageal cancers. In 358 cases with hypopharyngeal cancers, 13.7% had synchronous esophageal cancers, of which 20 cases underwent total laryngectomy and esophagectomy at the same time. The cases which had radical mediastinum dissection had a higher possibility of necrosis of the end of the trachea than the cases which had transhiatal esophagectomy. To prevent this, we preserve the thyroid gland adhering to the trachea, or perform operations for the head and neck cancers and for the esophageal cancer separately.

収録刊行物

  • 頭頚部腫瘍

    頭頚部腫瘍 29(3), 505-509, 2003-09-25

    Japan Society for Head and Neck Cancer

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012172647
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00165234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09114335
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ