後腹膜漿液性嚢腫の1例 A CASE OF RETROPERITONEAL SEROUS CYST

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は59歳,女性.平成13年11月,下痢を主訴に近医を受診したところ,右側腹部腫瘤を指摘され当院に紹介された.当院受診時,右側腹部に弾性軟,小児頭大の腫瘤を触知した.腹部CTでは右後腹膜腔に12×7 cmのlow density massとして描出され,注腸造影検査において,上行結腸は著名に左側に圧排されていた.後腹膜漿液性嚢胞の診断のもと,腫瘍摘出術を施行した.腫瘤は非常に薄い嚢胞壁を有し,その内容物は無色透明の液体であった.内溶液のCA19-9, CEA値はそれぞれ10,000U/ml以上, 344.5ng/mlと高値を示したが,細胞診は陰性であり,嚢胞壁にも悪性所見は認めなかった.後腹膜嚢腫は稀な疾患であり,若干の文献的考察を加え報告する.

A 59-year-old woman with diarrhea in November 2001 was found to have an elastic, soft right lateral abdominal tumor. Abdominal computed tomography (CT) showed a low-density mass 12×7cm in diameter in the retroperitoneal space and barium enema examination showed the ascending colon deffected to the left. Extirpation was done under a diagnosis of serous cystic tumor. The tumor had a very thin cyst wall and was full of fluid. CA19-9 amounted to over 10, 000U/ml and CEA to 344.5 ng/ml, but cytology of the fluid was negative and no malignant sign was seen in the cyst wall.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 65(2), 522-526, 2004-02-25

    日本臨床外科学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012181731
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ