輸入チョコレートから分離した好乾性糸状菌 Chrysosporium farinicola の生育性状 Growth Characteristics of Chrysosporium farinicola Isolated from Spoiled Imported Austrian Chocolate

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

オーストリアから輸入されたチョコレートを汚染していた白色菌糸状のカビは, 分離した菌株の生育性状・形態観察の結果から, わが国では未報告の<I>Chrysosporium farinicola</I>と同定された.<I>C.farinicola</I>の有性時代 (テレオモルフ) は子のう菌類ハチスカビ目の<I>Bettsia</I>属とされている.しかし, ハチミツなどの天然基質を含む培地など5種類の培地を使用して培養したが, 子のう胞子の形成は認められなかった.<BR>本菌は麦芽エキス・酵母エキス・50%グルコース寒天培地 (MY50G, A<SUB>w</SUB>0.897) 上でよく生育し, 多量の分生子を形成, 白色, 粉状の集落となった.本菌の生育至適温度は30℃, 最低生育温度は15℃, 最高生育温度は37℃ 付近であった.また, pH3~9の範囲で生育した.<BR>本菌の耐熱性試験では, 65℃, 1分間の加熱処理でも生残率80~100%を示し, 死滅温度は65℃, 5分間であったため, 比較のために用いた子のう胞子を形成する好乾性糸状菌 (<I>Eurotium spp., Monascus lunisporas</I>) ほどの耐熱性はなかった.しかし, 薄壁の分生子を形成する<I>Aspergillus spp., Wallemia sebi</I>のような好乾性の不完全菌と比較すると, 厚壁の分生子を形成するために熱抵抗性が強かった.したがって, 本菌は水分活性の低い加熱食品の場合でもその熱抵抗性が事故原因となる可能性があり, その制御には70℃ 以上での十分な加熱殺菌が必要であると結論された.<BR>本菌の生育性状, チョコレートを用いた再現性試験の結果とこれまでの外国からの報告を重ね合わせて見ると, 甘味菓子類, 蜂蜜, ドライフルーツ, 製菓原料など糖質の食品における<I>Chrysosporium</I>のさらなる汚染事故発生の機会も十分あると思われる.

A xerophilic fungi (KIH CO214), isolated from a spoilage outbreak involving importedAustrian chocolate from Austria, was identified as<I>Chrysosporium farinicola</I>(Deuteromycota).This was the first time this fungus isolated in Japan. This fungus grew well and produced large numbers of conidia on MY5OG agar (A<SUB>w</SUB>0.897), and the colony formed on common media was white and powdery. The teleomorph of this fungus was not seen on 5 selected media including natural substrates. The optimal growth of this fungus was obtained at 30°C, the minimum accorded at 15°C and the maximum at nearly 37°C . The fungus could grow at a pH range of 3-9.As a result of heat inactivation treatment, the lethal thermal point for this fungus was shown as 5 min at 65°C. Thus, an inactivation temperature of more than 70°C proved to be most practical. As an inoculation test on sterilized chocolate samples which were adjusted to water activity conditions from A<SUB>w</SUB> 0.901 to A<SUB>w</SUB> 0.752, mycelial growth of this fungus was found on all substrates after 1month at 25°C. For a comparison, 9 xerophilic fungi were also used in the above physiological experiments.

収録刊行物

  • 日本食品微生物学会雑誌 = Japanese journal of food microbiology

    日本食品微生物学会雑誌 = Japanese journal of food microbiology 17(3), 163-169, 2000-09-30

    日本食品微生物学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012187852
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10552871
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13408267
  • NDL 記事登録ID
    5594387
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-1644
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ