大学における「テクニカルコミュニケーション(TC)」科目の教材に関する研究 : 新聞記事等日常触れる文章を教材にした場合の教育内容とその有効性 A Study on the Teaching Materials of Technical Communication Course at Universities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では,平成6年度より,工学院大学で開講している「テクニカルコミュニケーション(以下TCと略)」科目で使用している教材の内容と受講生からみた教材の有効性について報告する.<BR>TCは人に技術的な情報をわかりやすく伝達する「書く,話す」の技術である.TC講座では,「技術的な情報をわかりやすく伝達するポイント」を理解させるのに,受講者が日頃,目にしている新聞記事の内容を教材として,事件や事故の原因を「日本語の曖昧さ」などの観点から解説している.TC科目を実施した結果,受講生にとって,新聞記事の内容を教材として使用したことは,「技術的な情報をわかりやすく伝達するポイント」を理解するのに有効であり,また,「書く,話す」に関して自信をつけるなど期待する教育効果が認められた.

In this paper, the contents of the teaching materials of the Technical Communication (TC) course, which has been continued from 1994 at Kogakuin University, and the educational effects obtained by this course are explained.The TC is a method to communicate the technical informations in order to understand easily.<BR>In this course, we used newspaper articles as the teaching materials and explained a cause of the accidents published in the newspaper from viewpoint of the ambiguity of Japanese.<BR>As a result, it is recognized that using newspapers as the teaching materials are effective to understand the TC and this course is necessary for students.<BR>It is concluded that our trial brought educational effects a great deal.

収録刊行物

  • 工学教育

    工学教育 49(1), 20-26, 2001-01-30

    Japanese Society for Engineering Education

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012337343
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10486063
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13412167
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ