知的資源立国への道 : 21世紀日本の選択 The Way for the Nation based Intellectual Resources

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

この歴史的転換期にあって,企業はその活動にあたって国や地域を選択するようになった.科学技術は経済の基本的要素であり,良く訓練された科学者と技術者は,我が国再活性化のための資本である.政府は,科学技術を基盤とする社会・経済と関連を持った産業革新政策を推進し,競争力強化と人類の未来にかかわる地球的課題の解決をはからなくてはならない.約一世紀前,明治の卓越した技術者教育システムが日本の成功に重要な役割を果たした.それは今日,我々への教訓となる.

It is very important to understand the fact that corporations pick and choose countries and regions for their business operations in this historical transformation period. Science and Technology are an essential element of economy, and well-trained scientists and engineers are the capital for revitalization of Japan. Japanese government should implement comprehensive industrial innovation policies based science and technology which consolidate social and economical policies, and boost international competitiveness and take part to solve global problems for the future of human beings.<BR>It is teaching for us today that the excellence of Japanese engineer's education system in Meiji era played an important role for Japan's sucess at about on ecentury ago.

収録刊行物

  • 工学教育

    工学教育 49(2), 2-9, 2001-03-31

    Japanese Society for Engineering Education

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

  • <no title>

    (社) 日本工学会編

    21世紀への科学技術教育, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    ヘンリー ダイアー

    大日本, 508-509, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    内田盛也

    科学技術政策転換期の日本学術会議を歩く, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    内田盛也

    いま, 工学教育を問う, 1995

    被引用文献2件

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012337360
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10486063
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13412167
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ