工学教育としてのロボットコンテストの意義 Meaning of Robot Contest in Engineering Education

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

学生の理工学離れ対策の一つとしてものづくり教育を主眼としたロボットコンテストが盛んに行われ,更にはコンテスト形式の授業を導入する大学・高専が増えてきている.それは国際的に通用する技術者教育に対する取り組みに十分適応すると思われるからであろう.本論文では,国際的に通用する技術者教育としてのロボットコンテストの意義と,大阪府立高専システム制御工学科で行っているコンテスト形式を取り入れた授業の有効性について考察を行った.その結果,ロボットコンテスト形式の授業は,国際的に通用する技術者教育として十分に役割を果たしていることがわかった.

There is a tendency among students that they have only a little concern about science and technology. In order to change this situation, robot-contests are held in various places and opportunities even in the curriculums of universities and technical college because the robot-contests seemed to be a powerful method for engineering education to raise creative and world-class students. In this paper, we report the result of the consideration about the meaning of those contests, and the effectiveness of the curriculum in which a robot-contest was adopted in our college.

収録刊行物

  • 工学教育

    工学教育 49(2), 36-39, 2001-03-31

    Japanese Society for Engineering Education

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012337389
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10486063
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13412167
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ