グローバル化時代のコミュニケーション Points at Issue on the Intercultural Communication at the Era of Globalization

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

世界でグロ一バリゼーションの動きが拡がるなかで,わが国がその流れに後れをとる訳にはいかない.しかしながら,われわれ日本人は概してグローバル化への対応を必ずしも得意とはしない.余程意識して努力する必要がある.グローバル化への対応の鍵は,広義の異文化コミュニケーション問題へのチャレンジであろう.その課題は,(1)外国人とコミュニケーション(狭義)を図るための能力の向上と,(2)異文化を理解しようとする努力の継続,そして(3)均質社会の中での多様性社会への適応の3点に整理できる.(1)の狭義のコミュニケーション能力は,恥の文化・寡黙の習慣からの脱却,英語コンプレックスの克服とITの積極活用により,(2)の異文化理解は他国への関心と各国特有の"DO'sとDON'Ts"の学習により,そして(3)の多様化社会への適応は専門スキル・対人スキルと概念化スキルの開発によって解決され得る.そして,われわれ日本人は,心掛け次第で多少時間がかかっても自国の文化と価値観を核として残しながらグローバル化に対応していく素地と力を十分有していると考えたい.

As various trends for globalization spread worldwide, it is imperative that Japan not falls behind the development. However, it must be said that in many ways, we Japanese are not so adept at responding to globalization. Precisely for this reason, we must make a very conscious and active effort.<BR>The key to globalization is to take up the challenge posed by problems of communication among different cultures in broad sense. This, in turn, can be broken down to the following tasks:(1)to improve our ability to communicate with foreign persons in narrow sense;(2)to make a sustained effort to deepen our understanding of different cultures; and (3)to maintain self-awareness of our basically homogeneous society and to be able to relate and adapt to a more diversified society.<BR>In order to realize these tasks:(1)we can achieve communication with foreigners by transcending the culture of shame and breaking out of our customary reticence, by overcoming our complex about English, and actively utilizing Information Technology. (2)We can achieve better understanding of other cultures by being genuinely interested and concerned about other countries and cultures by study-ing deeply "DOs & DON' Ts" that are distinctive to each country and specialized technical skills, interpersonal skills and conceptualizing skills.<BR>Thus, although it will take some time and depending on effort and determination, I believe that we Japanese have the basic ethos and the necessary ability to take part in globalization actively, while preserving our own culture and values.

収録刊行物

  • 工学教育

    工学教育 49(3), 2-7, 2001-05-31

    Japanese Society for Engineering Education

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

  • <no title>

    通商産業省

    1999年海外事業活動報告書, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    團野廣一

    外国人とのビジネス-これだけは知っておきたい心得帖, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    社団法人日本在外企業協会

    ASEANにおける日系現地法人の経営と人事管理 4, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    社団法人日本在外企業協会

    ASEANにおける日系現地法人の経営と人事管理 19, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    BENEDICT Ruth

    The Chrysanthemum and the sword, 1946

    被引用文献1件

  • 英語インフラの現状と課題

    古賀武陽

    月刊グローバル経営 4月号, 6, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    ジャック P ド ポルチュ

    五極化時代と人的資源の開発 164頁以下, 1999

    被引用文献1件

  • 日本型経営と技術移転--タイ国自動車産業の現場からの考察

    佐藤 一朗 , 足立 文彦

    名古屋大学経済学部調査と資料 (106), 1-22, 1998-03

    被引用文献1件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012337418
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10486063
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13412167
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ