化学系技術者に対する化学熱力学の学習 The Course of Lectures on Chemical Thermodynamics for Chemical Engineers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

化学系民間企業において,化学熱力学の学習講座を実施した.その結果,化学系技術者にとって有効な基礎学習カリキュラムを作成するために重要となるいくつかのポイントを見い出した.中でも特に,重要なポイントは次の点であると考えられる.まず受講者の業務に関連した物質や現象が題材として適している.そして基本原理をそれらと関連づけて説明する.この方式を"ブレイクダウン式学習カリキュラム"と名付けた.また彼らの必要としている基礎は多様性と個別性を持っている.従ってそれに対応できる工夫が必要である.

The course of lectures on chemical thermodynamics was held at a chemical private company.After that, we found several important points in order to draw up an effective learning curriculum of the basic for chemical engineers. Among them, we think that the following points are particularly important. First of all, for learning subject such materials and phenomena are suitable that are related with the actual works of engineers who attend the lecture. And the fundamentals should be explained in connection with them. We named this "Breakdown Curriculum Method" . In addition, the basics chemical engineers need to acquire have variety and individuality. Therefore, the invention of a new curriculum is needed to fulfill their requirements.

収録刊行物

  • 工学教育

    工学教育 49(3), 29-34, 2001-05-31

    Japanese Society for Engineering Education

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012337447
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10486063
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13412167
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ