制御工学の学習支援用シーソ実験システムの構築 Construction of Seesaw Experiment System for Learning Aid of Control Engineering

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

制御工学の教育にあたって,種々の実験システムをカリキュラムに組み込むことは重要である.本論文で示すシーソの制御システム実験装置は,ステッピングモータにより駆動し,コンピュータによる制御と手動制御のいずれの方法も使用のできるシステムとしており,フィードバック制御の場合,シーソの角度はポテンショメータ,ローラの位置はカメラによる画像計測を用いる.コンピュータによる制御手法は,人間の制御特性と対比させる目的で,最短時間制御と最適レギュレータを設計する.また,人間の手動制御は,ジョイスティックによる操作を行う.

It is important to provide students with many experimental programs in control engineering upon which they understand the physical phenomena of control system and develop controller design skills. The experimental seesaw control system described in this paper includes a stepping motor as the actuator, and a combination of potentiometer and image sensing device to generate feedback signals for the seesaw angle and the roller position, respectively. The employed control methodologies are the minimum-time control and the optimum regulator, making comparative study with the human control performance. Human control action is executed by the aid of a joystick device.

収録刊行物

  • 工学教育

    工学教育 49(5), 58-64, 2001-09-20

    Japanese Society for Engineering Education

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012337541
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10486063
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13412167
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ