座学に実験とコンピュータシミュレーションを導入した構造力学教育 Teaching Methodology of Structural Mechanics by Using Computer Simulation and Experimental Models in the Classroom

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

構造力学は建設技術者が安全な構造物を設計したり施工したりするのに必要な重要な科目の1つである.そのため,広島工業大学工学部建設工学科では,クラス分割をするなどの教育に効果があると思われるような対策を講じてきたが,構造力学は相変わらず学生にとって理解しにくい科目になっている.この原因には,目に見えない構造部材の変形や内力といった力学現象を想像する能力が乏しいことが考えられる.そこで,理論を中心にした「座学」の中に,「模型実験」と「コンピュータシミュレーション」を導入して,力と変形を目に見える形にビジュアル化することによって,学生の力学の理解と学習意欲の促進を図ろうとするシステムを開発した.このシステムは学生にも力学の理解に役立つものとして受け入れられており,今後の力学教育に本システムが有効なものとなることが期待される.

Structural mechanics is one of the most important subjects for the construction engineers to design and build up reliable and safe structures. Therefore, we have developed some methods to improve the educational process, such as class division and so on. Nevertheless, it seems that structural mechanics is one of the most difficult subjects to be understood by students, that is due to the lack of the students' ability to imagine the mechanical phenomena, i.e. deformation and inner forces of structural members. Therefore, we developed a system in which experimental models and computer simulation for the structural problems are introduced in the classroom to visualize the deformation and the inner forces of the studied problems, and to promote a better understanding for the structural mechanics problems among students. Many students think this system is useful and effective and it helped them a lot to improve their understanding of the subject.

収録刊行物

  • 工学教育

    工学教育 49(6), 31-37, 2001-11-20

    Japanese Society for Engineering Education

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012337555
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10486063
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13412167
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ