痴呆を有する上顎歯肉癌患者の治療経験 : 病状開示と外科治療の問題点 A case of carcinoma of the upper alveolus and gingiva with dementia : the problem of full disclousure of disease and surgical treatment to patients with dementia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 立石 晃 TATEISHI Akira
    • 田川市立病院歯科口腔外科 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Tagawa Municipal Hospital
    • 天野 裕治 AMANO Yuji
    • 田川市立病院歯科口腔外科 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Tagawa Municipal Hospital
    • 相田 高幸 AIDA Takayuki
    • 九州歯科大学口腔外科学第一講座 First Department of Oral and Maxillo-facial Surgery, Kyushu Dental College

抄録

痴呆を有する71歳女性の上顎歯肉癌患者を経験し, インフォームドコンセントから手術治療まで様々な問題点が明らかとなったのでその概略を報告した。<BR>痴呆を有する口腔癌患者には (1) いかなるインフォームドコンセントが必要か? (2) 痴呆を考慮した癌の治療法が必要か? (あえて外科治療を選択からはずす必要があるか?) (3) 術後, 加療中のケアの問題などの検討課題が多いことが明かとなった。

A 71-year-old woman with gingival carcinoma of the upper jaw who also had dementia, received surgery and some problems informed consent, operative therapy, and others were revealed.<BR>These problems that concered therapy for oral cancer patients with dementia, were as follows ; (1) How to inform them of oral cancer, and what kind of informed consent is needed? (2) Which kinds of therapy are ap propriate? (3) We found some problens such as care after surgical treatment.

収録刊行物

  • 日本口腔腫瘍学会誌

    日本口腔腫瘍学会誌 13(2), 51-55, 2001-06-15

    Japanese Society of Oral Oncology

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012337730
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10170059
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09155988
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ