鳥距溝の賦活が確認された上四半盲の1例 : 機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による検討 A superior quadrantanopia of which calcarine fissure was activated : Functional magnetic resonance imaging study

著者

収録刊行物

  • 抄録集

    抄録集 18, 122, 2001-10-09

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012352620
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ