Red-eye を呈さずに外転神経麻痺のみを初発症状とした頸動脈海綿静脈洞瘻の1例 A case of carotid-cavernous sinus fistula manifesting only an abducent nerve palsy without red-eye

著者

収録刊行物

  • 抄録集

    抄録集 18, 137, 2001-10-09

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012352635
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ