Nicotine 依存形成におけるL型電位依存性カルシウムチャネル(VDCC)の機能変化 Functional alteration in L-type voltage-dependent Ca^<2+> channels (VDCC) in neurons following sustained exposure to nicotine

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 37(4), 424-425, 2002-08-28

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

  • <no title>

    MARKS M. J.

    Pharmacol. Biochem. Behav 22, 283, 1985

    被引用文献2件

  • <no title>

    KATSURA M.

    Neurosci. Lett. 168, 1, 1994

    被引用文献2件

  • <no title>

    KATSURA M.

    Mol. Brain Res. 55, 345, 1998

    被引用文献4件

  • <no title>

    KATSURA M.

    Mol. Brain Res 80, 132, 2000

    被引用文献3件

  • <no title>

    OHKUMA S.

    J. Neurochem. 76, 341, 2001

    被引用文献3件

  • <no title>

    XU Y.-F.

    J. Neurophysiol. 80, 1056, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    KATSURA M.

    J. Biol. Chem. 277, 7979, 2002

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012355362
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10518421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13418963
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ