妊娠中期に胎児腹水を来し、消失した後に羊水過少、両側水腎症をきたした先天性後部尿道弁狭窄の2例 Two cases report of congenital posterior urethral valve with oligohydramnios and bilateral hydronephrosis after diminished of fetal ascites

この論文をさがす

著者

    • 前田 恭子 MAEDA K.
    • 大阪市立総合医療センター産婦人科 Dept. of Obstetrics and Gynecology. Osaka City General Hospital
    • 中村 博昭 NAKAMURA H.
    • 大阪市立総合医療センター産婦人科 Dept. of Obstetrics and Gynecology. Osaka City General Hospital
    • 津田 浩史 TSUDA H.
    • 大阪市立総合医療センター産婦人科 Dept. of Obstetrics and Gynecology. Osaka City General Hospital
    • 中本 收 NAKAMOTO O.
    • 大阪市立総合医療センター産婦人科 Dept. of Obstetrics and Gynecology. Osaka City General Hospital
    • 松本 雅彦 MATSUMOTO M.
    • 大阪市立総合医療センター産婦人科 Dept. of Obstetrics and Gynecology. Osaka City General Hospital

収録刊行物

  • Journal of medical ultrasonics = 超音波医学

    Journal of medical ultrasonics = 超音波医学 28(3), J618, 2001-04-15

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012356491
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059477X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13461176
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ