DNAマイクロアレイを用いたコカインの中毒作用とエタノール、ブプレノルフィンの影響の評価の試み Application of gene display slides (microarrays) to the evaluation of cocaine toxicity and effects of ethanol and/or buprenorphine on the cocaine profiles

この論文をさがす

著者

    • 早瀬 環 HAYASE Tamaki
    • 京都大学大学院医学研究科医学部法医学教室 Department of Legal Medicine, Kyoto University Graduate School of Medicine, Faculty of Medicine
    • 山本 淑子 YAMAMOTO Yoshiko
    • 京都大学大学院医学研究科医学部法医学教室 Department of Legal Medicine, Kyoto University Graduate School of Medicine, Faculty of Medicine
    • 山本 啓一 YAMAMOTO Keiichi
    • 京都大学大学院医学研究科医学部法医学教室 Department of Legal Medicine, Kyoto University Graduate School of Medicine, Faculty of Medicine
    • 阿比留 仁 ABIRU Hitoshi
    • 京都大学大学院医学研究科医学部法医学教室 Department of Legal Medicine, Kyoto University Graduate School of Medicine, Faculty of Medicine
    • 西谷 陽子 NISHITANI Yoko
    • 京都大学大学院医学研究科医学部法医学教室 Department of Legal Medicine, Kyoto University Graduate School of Medicine, Faculty of Medicine

収録刊行物

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 36(4), 344-345, 2001-08-28

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012356697
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10518421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13418963
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ