サラワク州ランビルの熱帯雨林における Dryobalanops lanceolata の空間分布のフラクタル次元 Fractal Dimension of the Spatial Distribution of Dryobalanops Lanceolata in a Tropical Rain Forest, at Lambir, Sarawak

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Dryobalanops lanceolataの空間分布の特徴を相関次元によって解析した.境界及び角で反射した点も数えることにより境界近くのデータの歪みを補正した.相関次元は小さいスケールではおよそ1.33となった.また,スケールによる分布の特徴の変化を示唆する著しい次元の減少と増加が見られた.相関次元はボックス次元やI-delta指数に比べて分布の特徴が変わるスケールに敏感であり,分布の特徴のスケールによる変化を示す新しい指標となり得る。

We analized the character of distributional pattern of Dryobalanops lanceolata by calculating the correlation dimension. We counted points reflected at the boundary as well as at the corner to correct the lack of points near the boundary. Its cerrelation dimension is about 1,33 with small scale and it has some remarkable decreases and increases in dimension, suggesting the change of the character of the distribution, Comparing the correlation dimension with the box dimension and I-delta index, correlation dimension is sensitive to the scale where the distributional character changes, Therefore the correlation dimension can be a new index that shows the change of the characters of distribution in scale.

収録刊行物

  • Tropics

    Tropics 7(1), 1-8, 1997-10-30

    JAPAN SOCIETY OF TROPICAL ECOLOGY

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012396043
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10528811
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0917415X
  • NDL 記事登録ID
    4335664
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-3157
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ