台湾における照葉樹林の生物多様性と保護 Biodiversity and Conservation of the Evergreen Broad-leaved Forests in Taiwan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

台湾における高い人口密度と急速な経済発展にもかかわらず,常緑広葉樹林は引き続き台湾島の面積の32% を占めている。この森林は海岸域から海抜2500 m に分布し,多様な植物相と4 つの主要森林型を支えている。779 の調査区での森林の植物相は木本植物570 種を含み, 234 属, 82 科に及んでいる。最も種の数が多い科はクスノキ科,ブナ科,ツバキ科,アカネ科, トウダイグサ科であった。本研究の第1の目的は,台湾における常緑広葉樹林の4 主要型について比較解釈をすることである。第2 の目的は過去3 世紀に亘るこれらの森林の管理と保護の状況を概括することである。

In spite of high population density of Taiwan and rapid economic development, the evergreen broad-leaved forests continue to cover about 32% of the Taiwan Island. The forests occur from sea level to about 2,500 m, and support a diverse flora and a spectrum of four major forest types. The forest flora at all 779 sampling sites contains 569 woody species in 234 genera and 82 families. The most dominant families are Lauraceae, Fagaceae, Theaceae, Rubiaceae, and Euphorbiaceae. They also account for the greatest number of species. The purpose of the present account is to compare and interpret the forest complexes for the four major types of the evergreen broad-leaved forests in Taiwan. The second aim of this paper is to review the forest management and conservation status for the past three centuries.

収録刊行物

  • Tropics

    Tropics 6(4), 361-370, 1997-03-24

    JAPAN SOCIETY OF TROPICAL ECOLOGY

参考文献:  35件中 1-35件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012396491
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10528811
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0917415X
  • NDL 記事登録ID
    4185698
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-3157
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ