ザイール共和国カフジ・ビエガ国立公園におけるゴリラとチンパンジーの遊動様式と食物樹の分布密度 Food Density and Ranging Patterns of Gorillas and Chimpanzees in the Kahuzi-Biega National Park, Zaire

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ザイール国東部のカフジ・ビエガ国立公園は山地から低地へかけて連続的な植生が保存されており、ここに同所的に生息するゴリラとチンパンジーの生態学的調査が1987年以来続けられている。これまでに山地でも低地でも両種の類人猿がよく似た食性を示すにもかかわらず,山地ではチンパンジーの密度が非常に低いことが判明している。そこで1994年の乾季(6~9月)に人づけされた両種類人猿の集団を追跡して日々の遊動ルートを,直接観察,食痕,糞分析により食物メニューを調べた。また,8月にライン·トランセクト法によって樹木の構成と密度を調べ,20m × 5,000mのトランセクトに出現した胸高直径10 cm以上の木本種と果実や花のなり具合を記録した。一次林,二次林,湿地を含む植生帯に28科50種の樹木を記録したが,このうち20種のゴリラの食物樹と26種のチンパンジーの食物樹が含まれていた。二次林より一次林の方が食物樹種の多様性や密度が高く,食べられる果実をつけている樹種の合計密度も高かった。両種の類人猿とも密度の低い樹種の果実を好む傾向があり,これらの果樹が一次林と二次林に分かれて出現するため,彼らは毎日複数の植生帯を訪問しなければならないことが明らかになった。ゴリラはよくまとまった集団で,同じ場所を重複利用しないように,しかも毎日一次林を通るように広く遊動する。チンパンジーは小さなパーティで特定の一次林を重複利用し,ゴリラより狭い範囲を遊動する。おそらく,一次林が小さなパッチ状に広い二次林に散らばっているカフジの山地林の植生が,チンパンジーの低密度の主因となっており,両種類人猿の採食様式の違いが両種の採食競合を減らして同所的な共存を支えていると考えられる。

Diet and ranging patterns of gorillas (Gorilla gorilla graueri) and chimpanzees (Pan troglodytes schweinfurthii)were studied during the 1994 dry season in the montane forest of KahuziBiega National Park. A transect census was also made to estimate the diversity and density of trees in primary forest, secondary forest and swamp. Although the diversity of trees in this area was lower than those estimated in lowland tropical forest, more than half of the total 50 tree species were used for foods either by gorillas or by chimpanzees during the study period. A semi-habituated group of gorillas and a unit group of chimpanzees extensively overlapped their diet and ranging areas, but gorillas tended to consume fibrous foods qualitatively and quantitatively and to range in wider area than did chimpanzees. Gorillas daily traveled in both primary and secondary forest to avoid reuse of the previous ranging areas, while chimpanzees persistently range in a small patch of primary forest. The diversity and density of food trees with bearing fruits were higher in primary forest than in secondary forest, and both apes preferred the fruit species which trees appeared at low densities in the transect. The low density of chimpanzees may be owed to the small size and fragmented distribution pattern of primary forest in this area. The differences in foraging patterns between gorillas and chimpanzees may reduce ecological competition between them.

収録刊行物

  • Tropics

    Tropics 6(1), 65-77, 1996-10-30

    JAPAN SOCIETY OF TROPICAL ECOLOGY

参考文献:  42件中 1-42件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012396937
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10528811
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0917415X
  • NDL 記事登録ID
    4078680
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-3157
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ