室内飼育におけるスマトラ産アオスジカミキリ Xystrocera globosa Olivier (鞘翅目 : カミキリムシ科)の生活史 Biology of the Green Lined Albizzia Longicorn, Xystrocera globosa Oliver (Coleoptera : Cerambycidae) from Sumatra, Based on Laboratory Breeding

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

スマトラ産アオスジカミキリXystrocera globosa Oliier の生活史を室内飼育によって調査した。幼虫に人工飼料(日本農産工業製インセクタLF; ソーセージタイプ)を与えて個体別飼育と20 個体の集団飼育を行ったところ,個体別飼育ではよく成長して多くの成虫が羽化したが,一部に食いつきに失敗して死亡する幼虫や成長途中で死亡する幼虫があった。一方集団飼育では全個体が順調に摂食を開始したが,2 齢以降に噛み合いや共食いがおこり,集団あたり1 個体のみが生き残って羽化した。卵期,幼虫期,踊期の平均所要日数はそれぞれ,14.2日,94.2日,9.9日だったが,とくに幼虫期は57日から135日と個体差が大きく,経過齢数も5齢~10齢と個体により差があった。人工飼料開育で羽化した室内飼育成虫と,被害材から脱出した野外発育成虫を飼育した結果,室内飼育成虫の平均羽化後寿命(未成熟期を含む)はオス7.5日,メス7.7日であった。野外発育成虫の脱出後寿命(活動期のみに相当)はオス7.5日,メス7.7日であった。野外発育メスは材脱出後直ちに交尾し卵塊による産卵を開始した。平均卵塊サイズは28.5,1 メスあたり平均産卵数は野外発育メスで178.2,室内飼育メスで145.0であった。

Biology of Sumatran Xystrocera globosa, a stem boring cerambycid pest of leguminous trees, was studied by laboratory breeding. The larvae were fed an artificial diet and kept either singly or in groups. Patterns of development and survivorship in immatures and survivorship and fertility in adults were described quantitatively. The larvae established better in group rearing than in isolation, but showed cannibalism in groups from the 2nd instar onwards. Semel parous nature in reproduction was noted.

収録刊行物

  • Tropics

    Tropics 6(1), 79-89, 1996-10-30

    JAPAN SOCIETY OF TROPICAL ECOLOGY

参考文献:  46件中 1-46件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012396980
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10528811
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0917415X
  • NDL 記事登録ID
    4078681
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-3157
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ