高濃度の炭酸ガス処理をした熱帯草本における開花及び花粉特性の研究 A Study of Flowering and Pollen Characteristics in a Tropical Herb Under Elevated CO_2 Treatment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

頂生する単花序に花蜜を分必しない左右相称花をもっ熱帯性ゴマノハグサ科草本のLindernia crustacea に,コントロール群の2 倍の二酸化炭素濃度の大気を与えたところ,開花量が増大しそれに比例した生物量の蓄積が見られた。二酸化炭素糟加処理により,花当たりの花粉量やサイズに違いはでなかったが,花粉の生存力にわずかの低下が見られた。二酸化炭素場加のもとで, 3 週間における生産された花数の平均,花の乾燥重量,茎と根の乾燥重量のすべてで22-34% の増加があった.統計的には,根の生物量,花粉の生存カ,花生産率のみが実質的な影響を受けた。

Lindernia crustacea, a nectarless but zygomorphic tropical herb with solitary inflorescences, increased flowering in prorpotion with biomass accumulation after a doubling of atmospheric CO<sub>2</sub>, compared to control plants. Pollen grain number and size, per flower, was no different, while pollen viability was lowered slightly by the elevated CO<sub>2</sub> treatment. Mean number of flowers produced during a three week period, flower dry weights, shoot and root dry weights all increased by 22-34% under elevated CO<sub>2</sub>. Statistically, only root biomass, pollen viability and individual rate of flower production were substantially affected.

収録刊行物

  • Tropics

    Tropics 6(1), 149-152, 1996-10-30

    JAPAN SOCIETY OF TROPICAL ECOLOGY

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012397126
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10528811
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0917415X
  • NDL 記事登録ID
    4078687
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-3157
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ