マングローブ、 Avicennia marina の塩分吸収と排出 Salt Uptake and Excretion in the Mangrove, Avicennia marina (Forsk.) Vierh

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Avicennia marina の塩分調節機構をしらべるため, 235 本の実生苗を0, 25, 50, 75, 100, 125 および150% の人工海水を培養液として12 カ月間栽培し,各処理ごとに葉,幹,根の塩分濃度および葉からの塩分排出速度を測定した。同時に浸透圧調節機構をあきらかにするため,葉,幹,根の水ポテンシャルをあわせて測定した。Avicennia marina は大量のナトリウム(Na<sup>+</sup>) と塩素(Cl<sup>-</sup>)を培養液から吸収した。樹体内の塩分濃度は培養液の塩分濃度が増加するとともに増加し,通常の海水レベルになるとほぼ上限値を示した。樹体内の塩分濃度は培養液の塩分濃度よりも常に高いレベルに維持されていた。このことにより樹体内の浸透圧は常に培養液の浸透圧よりも低い値を保っていた。塩分排出速度は葉の塩分濃度と正の相関関係にあった。培養液の塩分濃度が高まると塩分排出速度が高くなったが,このことは樹体内の塩分濃度の制御に有効であると考えられた。Avicennia marina は樹体内に塩分を取り込むことによって通常の海水濃度付近までの条件下で吸水力を維持する一方,葉から塩分を排出させて樹体内の塩分濃度を下げるという巧みな塩分調節機構を備えていた。このことからA. marina は高塩分濃度環境においても生存可能な樹種であるという結論が得られた。

235 seedlings of Avicennia marina were grown for 12 months in nutrient solutions containing 0, 25, 50, 75, 100, 125 and 150% artificial seawater. The salt concentration in the various organs and salt excretion from the leaves were measured to examine the salt regulation in the seedlings. The water potential of various organs in relation to external media was measured concurrently with salt concentration in the seedlings to discuss the water potential adjustment. A. marina was found to absorb a great amount of sodium (Na<sup>+</sup>) and chloride (Cl<sup>-</sup>). The salt uptake increased with the increase of external salinity and reached to the ceiling level at around the normal external seawater. The salt concentrations in the seedlings were maintained at levels higher than those of external media. This contributed to produce water potential in the seedlings lower than that of external media. The salt excretion was found to be related positively with the salt concentration in leaves. It was concluded that A. marina seedlings equipped a workable mechanism of salinity regulation through absorption and excretion. And therefore it can survive in the high salinity environment.

収録刊行物

  • Tropics

    Tropics 5(1), 69-79, 1995-12-20

    JAPAN SOCIETY OF TROPICAL ECOLOGY

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012397591
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10528811
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0917415X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ