サトイモ類とオーストロネシア民族 Aroids and the Austronesians

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • MATTHEWS Peter J.
    • Department of Prehistory, Research School of Pacific Studies, Australian National University

抄録

アジアと太平洋における主なサトイモ科栽培植物は,インドクワズイモAlocasia macrorrhizos, インドオオコンニャクAmorphophalls paeoniifolius, サトイモColocasia esculenta とキルトスペルマCrytosperma merkusii である。これらのサトイモ科植物は,オーストロネシア諸語の話者によってひろく栽培されてきた。この概説において,筆者はサトイモ科植物の馴化と伝播を理解するための理論的なわく組みを展開した。特に,それらの中で最も重要なサトイモについて熱帯の野生型と思われる系統(ミズイモ Colocasia esculenta var. aquatilis) について記述し,栽培サトイモと比較した。

The main cultivated aroids of Asia and the Pacific are Alocasia macrorrhizos, Amorphophallus paeoniifolius, Colocasia esculenta, and Cyrtosperma merkusii. These aroids are widely cultivated by Austronesian language speakers. In this review I develop a theoretical framework for understanding aroid domestication and dispersal. For taro in particular, a likely tropical wildtype Colocasia esculenta var. aquatilis is described and compared with cultivated taros.

収録刊行物

  • Tropics

    Tropics 4(2), 105-126, 1995-02-28

    JAPAN SOCIETY OF TROPICAL ECOLOGY

参考文献:  94件中 1-94件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012397874
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10528811
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0917415X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ