西スマトラ州の熱帯山麓雨林における主要樹種の空間分布パターン Spatial Distribution Pattern of Representative Tree Species in a Foothill Rain Forest in West Sumatra

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

西スマトラ州のパダン市16 km西方に位置するこつの1 ha継続調査プロットで, 全林木集団と主要樹種個体群の空間分布を解析した。胸高直径8cm以上の全林木は両プロットで機会分布をしていた。8 年間の調査期間中に枯死した個体と新規加入した個体は小区画単位(2.5 m メッシュ)では背反的に出現したが,大区画(20 m メッシュ)では同所的に現われる傾向を示した。これは,機会分布が,非機会的な密度依存制御のもとに,動的に維持されていることを示唆する。<BR> 林冠および亜林冠性の非パイオニア種5 種, Hopea dryobalanoides, Gonystylus forbesii, Cleistanthus glandulosus, Mastixia trichotoma, およびGrewia florida と, 典型的なパイオニア種であるMacaranga 属(M. gigantea, M. hypoleuca, M. pruinosa とM. triloba) は,いずれも集中分布をしており,特に実生では集中性が顕著だった。亜林冠性の2 種Mastixia とGrewia は, ギャップの面積比の高いプロットでは逆J 字型の安定的なサイズ分布を示していたが,ギャップ比の低いプロットでは成木と後継集団からなるふた山分布をしていた。これら2 種は,空間分布でも似た傾向を示した。すなわち,ギャップ比の高いプロットでは実生(高さ<1 m) と幼木(1-10 m) の間,および幼木と高木(~10 m) の聞に負の分布相聞があり,実生と高木の間には正の分布相闘があったが,ギャップ比の低いプロットでは,これらの相関関係が入れ替わって, 実生と高木の間に負の分布相闘が認められた。同様の傾向はギャップ依存性のMacaranga 属にも認められたので,これら2 種は,両プロット聞で明瞭な変化傾向を示さなかったHopea,Gonystylus および Cleistanthus よりも耐陰性に劣るものと考えた。より耐陰性が高いと思われたグループでは, 実生と高木の間に正の分布相闘が認められたが,高木と幼木の間に明瞭な相関関係はなかった。以上の結果は,林内の限られた空間のなかで動的な種の交代が常に行われていることを示唆するものである。

Spatial distribution was analysed for all plot trees and representative tree species in two duplicate I-ha plots established in a foothill rain forest 16 km west from Padang, West Sumatra, Indonesia. All tree trunks ≥ 8 cm dbh were distributed randomly in both plots. Spatial correlation between dead trees and recruited trees during the 8-year period was locally negative while broadly positive, suggesting that the random spatial pattern is dynamically maintained by mechanisms of density-dependent regulation.<BR> All of five abundant canopy/subcanopy non-pioneer species, i.e. Hopea dryobalanoides, Gonystylus forbesii, Cleistanthus glandulosus, Mastixia trichotoma, and Grewia florida, and typical pioneer Macaranga spp., including M. gigantea, M. hypoleuca, M. pruinosa and M. triloba, showed a clumped distribution, particularly for smaller size classes. Two subcanopy non-pioneer species, Mastixia and Grewia showed a shift from a regularly decreasing density with height in one plot with larger gap area to bimodal height distribution in the other plot with smaller gap area. They also showed a similar tendency in spatial pattern such that the negative spatial correlation was observed between seedlings (< 1 m high) and poles (1-10 m high) and between poles and tall trees (≥10 m high) in the plot with larger gap area but that was found between seedlings and tall trees in the plot with smaller gap area. Such pattern was also observed for gap-demanding Macaranga spp., and they were concluded to be less tolerant than Hopea, Gonystylus and Cleistanthus, in which no height distribution difference nor spatial pattern difference was observed between two plots. These more tolerant species showed a positive correlation between tall trees and seedlings, but no correlation between tall trees and poles. These results reflect the dynamic alternation of tree species within a limited area of forest.

収録刊行物

  • Tropics

    Tropics 4(1), 1-15, 1994-09-15

    JAPAN SOCIETY OF TROPICAL ECOLOGY

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012398246
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10528811
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0917415X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ