インドネシア北スマトラ, ドロクシブアル-ブアリ自然保護地域周辺の住民の植物利用 Ethnobotany of People around the Dolok Sibual-Buali Nature Reserve Area, North Sumatra, Indonesia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • SIMBOLON Herwint
    • Center for Research and Development in Biology, The Indonesian Institute of Sciences

抄録

地域住民と植物利用,特に森林との関係についてドロクシブアル-ブアリ自然保護地域において調査を行った。この自然保護地域を取り巻く村落はバタック族が住み,森林を伐採し,農耕地を作る伝統的なやり方で作られたものである。村落内では,住居は密接して建てられ,家庭菜園(キッチンガーデン)は付属していない。村落の周囲は水田,畑地あるいは森林が取り囲んでいる。ドロクシブアル-ブアリ自然保護地域周辺の15の村落のうちの5つは,中心地域からはずれ,孤立して存在する。これらの隔離された村落では森林生産物が占める生活上の重要性は相対的に高かった。それらの村落では,自然保護地域から得られる植物資源が,各種の民間薬(表1 ,利用されている種類数は比較的少ない) ,ほうき,箕,かごや魚網などの家内工業的な生産の原材料,日々の生活資材である食料や伝統的な食品生産(特にサトウヤシからの黒砂糖の生産) ,薪炭材(表2) ,あるいは建築材(表3) などにとって重要であった。

The ethnobotany, particularly the relationship between people and forests, of the Dolok Sibual-buali Nature Reserve Area was studied. The villages around the Nature Reserve are traditionally established away from forests and agricultural areas and are inhabited by the Batak ethnic group. Within the village, houses are built closed to each other without home-garden. The village is usually surrounded by sawah (paddy-fields), ladangs, and forests at the outer edge. Five out of 15 villages around the Dolok Sibual-buali Nature Reserve are remote and far away from the center of community activities. The magnitude of dependency on the forest products of the people in the remote villages is relatively greater than do the people in the other villages. The people in the remote villages utilize the Nature Reserve as resources for traditional medicine, home industry, and daily needs such as food, including resources of traditional food industry, fire woods and construction materials.

収録刊行物

  • Tropics

    Tropics 4(1), 69-78, 1994-09-15

    JAPAN SOCIETY OF TROPICAL ECOLOGY

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012398371
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10528811
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0917415X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ