暑熱ストレスおよびL-アスコルビン酸-2-リン酸マグネシウムがニワトリヒナの血漿と肝臓のチオバルビツール酸反応物および肝臓のタンパク質カルボニル濃度に及ぼす影響 Effect of Heat Stress and L-Ascorbic Acid-2-Phosphate Magnesium on Plasma and Liver Thiobarbituric Acid Reactive Substances Concentrations, and on Liver Protein Carbonyl Concentration in Chicks

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本家禽学会誌

    日本家禽学会誌 34(1), 63-66, 1997-01-25

    日本万国家禽学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012403599
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186755
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00290254
  • NDL 記事登録ID
    4129866
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-333
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ