ニワトリヒナのファブリシウス嚢におけるグルココルチコイド誘導性のアポトーシスに関する免疫組織化学的検討 Immunohistochemical Study on Apoptosis Induced by Glucocorticoid in the Chicken Bursa of Fabricius

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ニワトリヒナにグルココルチコイド(GL)としてデキサメタゾン(Dex)を投与し,ファブリシウス嚢(F嚢)の形態変化について組織学的に検索した。また,免疫組織化学的手法によりアポトーシス発現細胞を検出することにより,F嚢リンパ細胞におけるGL誘導性のアポトーシスの発現について検討した。<br>その結果,Dexの投与によりF嚢は萎縮するとともに,リンパ濾胞は退行性変化を示し,濾胞内のリンパ細胞は死滅して減数した。また,リンパ細胞はリンパ濾胞内の皮質部よりも髄質部で顕著に減少し,アポトーシスに特有な細胞の萎縮や核の凝縮が多数観察された。さらに免疫組織化学的検索では,Dexの投与によりリンパ濾胞の髄質部を中心にアポトーシスの発現を示す陽性細胞が経時的に増加するとともに,核周囲部にCの字状の強い染色性を示す細胞が多数観察された。<br>以上のことから,GL投与によるF嚢の萎縮にはアポトーシスによるリンパ細胞の死滅機構が関与していることが明らかとなった。また,リンパ濾胞髄質部の未成熟なリンパ細胞は皮質部の成熟リンパ細胞と比較しGLに対する感受性が高く,GL誘導性のアポトーシスの発現がより顕著であることが推察された。

Sequential morphological changes and immunohistochemical investigation of apoptosis in the bursa of Fabricius in the immature chicks with a single injection of dexamethasone as a glucocorticoid were studied.<br>Dexamethasone treatment resulted in bursal atrophy and reduction of the number of bursal lymphocytes, and these reductions were more markedly in the medulla than in the cortex. The reduction in cell size and a condensation of chromatin were found. Immunohistochemically apoptic positive cells were increased after treatment and characteristical C-Shape signals were found around the nucleus in the apoptic positive cells.<br>These results suggested that the bursal atrophy by treatment of exogenous glucocorticoid is associated with apoptosis, and that the immature lymphocytes in the medulla of follicle are more sensitive to glucocorticoid than the mature one in the cortex.

収録刊行物

  • 日本家禽学会誌

    日本家禽学会誌 33(6), 366-370, 1996-11-25

    日本万国家禽学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012403700
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186755
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00290254
  • NDL 記事登録ID
    4088222
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-333
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ