産卵鶏の卵管卵殻腺部におけるCa^<2+>-ATPaseおよびcarbonic anhydrase II の免疫組織化学的研究 Immunohistochemical Studies of Ca^<2+> -ATPase and Carbonic Anhydrase II in the Shell Gland of Egg-Laying Hens

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,放卵後3時間および12時間の産卵鶏を用い,卵管の卵殻腺部におけるcalcium-adeno-sine triphosphatase(Ca<sup>2+</sup> -ATPase)およびcarbonic anhydrase II (CAII)の局在について免疫組織化学的に検出し,卵殻腺部の粘膜上皮および管状腺におけるCa<sup>2+</sup>とHCO<sub>3</sub>の分泌について検討した。<br>卵殻腺部におけるCa<sup>2+</sup> -ATPaseの局在を観察したところ,粘膜上皮においては,免疫反応は認められなかった。管状腺においては,管状腺細胞の腺腔面および導管部において強い免疫反応が認められた。また,放卵後3時間および12時間の産卵鶏における免疫反応の間に違いは認められなかった。<br>卵殻腺部におけるCAIIの局在を観察したところ,粘膜上皮において強いCAIIの免疫反応が認められ,管状腺においては,粘膜上皮と比較して幾分弱いCAIIの免疫反応が認められた。また,放卵後3時間および12時間の産卵鶏で差はみられなかった。<br>これらのことから,卵殻腺部におけるCa<sup>2+</sup>の分泌は,管状腺に存在するCa<sup>2+</sup>-ATPaseによる能動輸送によって行なわれていることが推察された。また,卵殻形成に必要とされるHCO<sub>3</sub>の産生と分泌には,管状腺よりもむしろ粘膜上皮の方がより強く関与していることが推察された。

The localizations of calcium-adenosine triphosphatase (Ca<sup>2+</sup> -ATPase) and carbonic anhydrase II (CAII) in the shell gland of the hen oviduct were examined by immunohistochemical technique.<br>Immunoreactions showing Ca<sup>2+</sup> -ATPase localization were observed strongly in the luminal surface of the tubular gland cells and in the excretory duct of the tubular gland, but not in the epithelial cells. On the other hand, Immunoreactions showing CAII localization were observed strongly in the cytoplasm of epithelial cells and moderately in the cytoplasm of tubular gland cells. In the shell gland, these immunoreactions showing Ca<sup>2+</sup> -ATPase and CAII localization were not different at between 3 hours and 12 hours after oviposition.<br>These results suggest that Ca<sup>2+</sup> is secreted by active transport of Ca<sup>2+</sup> -ATPase into the shell gland lumen from the tubular gland and HCO<sub>3</sub><sup>-</sup> is produced and secreted in the surface epithelium rather than in the tubular gland.

収録刊行物

  • 日本家禽学会誌

    日本家禽学会誌 33(6), 371-376, 1996-11-25

    日本万国家禽学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012403714
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186755
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00290254
  • NDL 記事登録ID
    4088223
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-333
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ