圧迫性頸髄症に対する脊柱管拡大術後の長期例の病態 : 振動覚及び病的反射の推移から見た病変の波及様式について Evaluation of long-term follow-up patients after enlargement of the spinal canal to compression cervical myelopathy

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society

    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 9(1), 335, 1998-05-22

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012406253
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10186015
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09156496
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ