棘突起縦割法を行った頚椎症性脊髄症手術例の長期成績の検討 : 術後10年以上経過例について Long term follow up study of laminoplasty to cervical myelopathy : over 10 years

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society

    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 8(1), 216, 1997-03-17

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012406913
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10186015
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09156496
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ