頚部脊柱管狭窄病変に対する椎弓反転式形成術 : (Reversed Lamina Reconstruction : RLR)の治療成績 Clinical results of reversed lamina reconstruction (RLR) for cervical canal stenotic lesion

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society

    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 7(1), 70, 1996-04-25

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012407381
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10186015
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09156496
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ