胸・腰椎破裂骨折に対する Kaneda device を用いた前方除圧再建術 : 術後5年以上経過した150例の分析 Anterior reconstruction with the Kaneda device in thoraco-lumbar burst fractures : report of 150 consecutive patients with a minimum of 5 years follow-up

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society

    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 6(1), 254, 1995-04-25

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012408273
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10186015
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09156496
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ