製紙機械の潤滑管理と省力化について Lubricating Control & Save Lavor of Paper Machin

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田中 和彦 TANAKA Kazuhiko
    • 広和株式会社 東京支店油機営業グループ Kowa Corporeation, Tokyo Branch Oil Equipment Department Sales Group

抄録

製紙機械設備にはあらゆる個所に, 潤滑を必要とする軸受けが存在しており, その潤滑方法も, 中国の後漢時代に蔡倫が現在の抄紙機となる原形を構築して以来様々方法が考えられ現在に至っている。<BR>主な潤滑方法として, 鉱物性潤滑油, 脂肪性潤滑油, 混成潤滑油, グリース等の潤滑剤を使用した, 手差し潤滑, 滴下潤滑, 浸し潤滑, リング潤滑, 重力潤滑, はねかけ潤滑。噴射潤滑, 強制潤滑, グリース潤滑他様々な潤滑方式がある。<BR>本報では, 製紙機械に多く用いられている鉱物性潤滑油を用いた強制潤滑の管理に関する問題点と, その対応方法に触れ, 皆様方が日々の潤滑管理に悩まされている事柄から, 多少なりともお役に立てれば幸いである。

There are bearings requiring to be lubricated in many points of the Paper-Making Machine system and various way of lubricating has been thought out and come to as present since Sairin built the model of current paper machine in Later Han dynasty.<BR>As main ways of lubricating, there are manually-filling lubrication, dropping lubrication, soaking lubrication, ring lubrication, gravitation lubricating, splashing lubrication, jet lubrication, circulating lubrication, and grease lubrication, etc using lubricant such as mineral lubricating oil, fat lubricating oil, mixed lubricating oil, and grease. etc.<BR>In this article. I would like to mention the problems and solution concerning the circulating lubrication control using the mineral lubricating oil, which is often used in the Paper-Making Machine. And I hope it will be of any help to release you from the bothering matters on daily lubricating control.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 57(11), 1602-1604, 2003-11-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012433112
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    6750878
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ