PAM系層間強度向上剤「ハイモロックMJ-450」 PAM-type Ply Bond Strength agent "Himoloc MJ-450"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中村 智法 NAKAMURA Tomonori
    • ハイモ株式会社 湘南研究センター製紙化学研究グループ Paper Chemical Group. Shonan Research Center, HYMO Co., Ltd.

抄録

紙層を重ね合わせて抄造される板紙において, 層と層との接着強度が重要となる。従来, 層間強度向上剤としては, コーンスターチ, 馬鈴薯澱粉やリン酸エステル化澱粉などの澱粉が主に使用されており, 澱粉を糊化せず, 水に懸濁させたまま湿紙上にスプレーし, 乾燥工程で澱粉が糊化することにより, 接着効果を発現させている。澱粉を使用する際には, 腐敗の問題, 虫害の問題等があるため, 合成系層間強度向上剤への要望が多く, ポリアクリルアミド系の層間強度向上剤も使用されている。弊社では, 水系中で分散重合を検討し, カチオン性ディスパージョン製品として濾水, 歩留剤を開発した。さらに, アニオン性のディスパージョン製品の検討を重ねた結果, 層間強度向上剤「ハイモロックMJ-450」を開発した。「ハイモロックMJ-450」の特徴としては, 低添加量で大きな効果が得られ, 作業環境の改善がはかられる。「ハイモロックMJ-450」の物性については, 粒子径が澱粉とほぼ同様の大きさで, 従来のPAM系と比較すると格段に大きいものである。「ハイモロックMJ-450」の化学組成, 物理的性質から, 層への定着機構を澱粉, および従来のPAM系と比較して考察する、また, 「ハイモロックMJ-450」の性能を実施例として紹介す。

High ply bond strength is required in combination board. Some kinds of starches are used as ply bond strength agents in spraying their suspension to the combined plies. Starchsuspension, without cooking, is sprayed, and the particles of starch are gelatinized in the drying process, large ply bond is occurred. But there are some problems such as putrefaction in using starches. Recently, synthesized ply bond strength agents have been used, for example poly acrylic amide type (PAM). Our company developed cationic dispersion PAM as retention aids and drainage aids for the first time in the world. Furthermore, we have developed anionic dispersion PAM, "Himoloc MJ-450", as ply bond strength agent."MJ-450" has great performance in small dosage because of its large particle size. The particle size of "MJ-450" is much the same as it of starches, and larger than it of the existing PAM. In this issue, we discuss the differences in the fixing mechanism of particles onto the ply between starches, existing PAM, and "MJ-450".

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 57(11), 1618-1621, 2003-11-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012433115
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    6750903
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ