産学公そして市民が一体に推進するディジタル福祉マップの開発 Development of Digital Welfare Map in Corporation with Enterprise, University, Municipality and the Citizens

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ユビキタスネットワーク社会の形成に向け,地域における産学公と市民の連携はITの推進力として注目されている.筆者らは2000年に地域ITコンソシアムを設立し,そして実践的研究としてディジタル福祉マップの開発を進めている.ディジタル福祉マップは高齢者や障害者の方々が安全,安心して外出できるように,インターネット上に障害物や生活情報などの福祉情報を掲載したマップのことである.本稿では,はじめに地域ITコンソシアムの概要を示す.次に産学公と市民が協力して構築するディジタル福祉マップのモデルシステムのシステム構成,設計に関する技術検討結果を示す.更に地域ボランティアを中心に実施した地域実証実験の結果を示す.実験に参加した利用者の評価により本モデルシステムの有効性,利便性を確認するとともに地域におけるIT推進に関する今後の課題について触れる.<br>

Toward the ubiquitous network society, the cooperation with enterprise, university, municipality and the citizens in the region is paid attention to be as promotion power of IT. In 2000, we established the regional IT consortium and have been developing a digital welfare map as the practicing research. The digital welfare map can provide welfare information such as the obstacle and life information on the Internet, by which the senior citizen and physically handicapped persons can go out safe. In this paper, first outline of IT consortium was introduced. Next, the system structure and technical studies concerning system design of the digital welfare map model system were shown. From the results of the regional proof experiment which volunteers participated, the effectiveness of this model system was confirmed. Finally, future subjects concerning promotion of IT in the region were discussed.<br>

収録刊行物

  • 画像電子学会誌

    画像電子学会誌 32(5), 569-576, 2003-09-25

    一般社団法人 画像電子学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012433811
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00041650
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02859831
  • NDL 記事登録ID
    6738393
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-810
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ