マルティン・ゲルベルト著『シュヴァルツヴァルトの歴史(Historia Nigrae Silvae)』に示された自然と人間への三つの視点 3 Gesichtsdimensionen zum Natur-Sein und zum Menschen-Sein in dem Buch "Historia Nigrae Silvae" von Furstabt Martin II Gerbert.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ロッテルダムのエラスムス自筆の欄外注を持つエラスムスの古書(1527年頃)と共に,マルティン・ゲルベルト著『シュヴァルツヴァルトの歴史(Historia Nigrae Silvae)』が最近シュヴァルツヴァルトのオーバリート修道院図書館で発見された。この論文ではゲルベルトの著作に示されたゲルベルトの自然存在と人間存在への思想をとりあげる。ゲルベルトは綿密で謎解きをする探偵のように、膨大な古文書,考古学的出土品、歴史的資料,論参考文献を論拠に、シュヴァルツヴァルトの歴史を再構成し、その歴史はベネディクト派修道院の歴史であると、結論する。彼の歴史解釈の三つの視点、痛み、失われたもの、辺境への視点について論述し、最後に世界と大地の根源的抗争としての辺境概念が創造するものについて論及する。

Das Buch "Historia Nigrae Silvae" von Martin Gerbert mit dem wertvvollen Buch(um 1527) von Erasmus von Rotterdam, das viele handschriftliche Notizen des Erasmus enthalt, ist in Oberried Klosterbibibliothek gefunden worden. In meinem Beitrag wird die Philosophic von Martin Gerbert zum Natur-Sein und Menschen-Sein in Schwarzwald durch das Buch " Historia Nigrae Silvae" recherchiert erwahnt. Dass Gerbert behaptete, die Geschichte des Schwarzvardes die Geschichte des St. Benedhiktiner Klosters gewesen ist, bedeutet,dass Natur-Sein und Menschen-Sein in Schwarzvald von Benedhiktiner Kloster kurtuviert geworden sein sollen. Die 3 Gesichtsdimensionen Gerberts zum Natur-Sein und Menschen-Sein sind, Leiden.Verlorentes, und Einoede. Dariiber wird hier erwahnt. Dann uber die aus dem Begriff "Einoede" Gerberts als Welt und Erde in Schwarzwald Geschaffene.

収録刊行物

  • 新潟青陵大学紀要

    新潟青陵大学紀要 3, 193-211, 2003-03-10

    新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部

参考文献:  45件中 1-45件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012455197
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11549156
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13461737
  • NDL 記事登録ID
    6551239
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-E842
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ