環境影響を考慮した化学プロセス設計のための統合情報基盤 Integrated Information Infrastructure for Environmentally Conscious Process Design

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

化学産業が地球持続性に貢献するためには、化学製品と化学プロセスの設計において環境影響評価を統合することが必要である。このために、ライフサイクルアセスメントによる環境影響評価の結果を化学プロセス設計における早い段階で取り込むためのアクティビティモデルを構築した。PET樹脂のケミカルリサイクルプロセスの設計を例として、反応の選択、プロセスの選択、ライフサイクルの選択が相互に強く関係することを示し、実際に環境影響の視点からプロセスを選択する手法を示した。このようなLCAに基づいた設計のためには、反応から単位操作、プロセス、ライフサイクルを階層的にモデル化した統合的情報基盤が必要である。

The chemical industry can contribute to global sustainability by integration of evaluation of environmental impact with product and process design activities. We constructed an activity model to incorporate life cycle assessment (LCA) into the early phase of chemical process design. We showed that reaction, process and life cycle strongly relate to each other, and proposed a methodology for the selection of chemical process from the view point of environmental impact by performing a case study, in which a chemical recycling process for PET resin was selected. An integrated information infrastructure, which is constructed by hierarchical models of reaction, unit operation, process and life cycle, is needed for the design of chemical products and processes based on LCA.

収録刊行物

  • Journal of computer chemistry, Japan

    Journal of computer chemistry, Japan 2(3), 79-86, 2003-09-15

    日本コンピュータ化学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012456369
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11657986
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13471767
  • NDL 記事登録ID
    6743596
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業) // ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z74-C857
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ