扁平断面シールドトンネルの最適覆工構造に関する実験と考察 EXPERIMENTAL STUDY ON SEGMENTAL LINING IN FLAT SECTIONAL SHIELD TUNNELING METHOD

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

扁平断面トンネルをシールド工法で構築する場合を想定する. この場合, 扁平断面トンネルのセグメント覆工には部分的に大きな曲げモーメントが作用するため, 従来の覆工厚さが一様な覆工構造を採用する限りは, 構造的に過剰な設計にならざるを得ない. 本研究では, 扁平断面トンネルにおけるセグメント覆工の厚さを部分的に変化させることにより力学的に安定な構造を作ることの可能性を模型実験により確認し, その理由を従来のセグメント設計で用いられてきた慣用設計法を拡張した簡易計算法を用いて考察した.

Segmental lining of flat sectional shield tunnel was discussed through the model experiment. In the experiment, the thickness of the model lining is partially changed to support the momentum, which is remarkably induced at the crown, invert and spring line of the flat sectional tunnel. The knowledge has been obtained that employment of the lining whose thickness is partially varied can reduce the tension strain, and its reason was studied through the calculation based on the conventional designing method of the segmental lining.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (729), 99-113, 2003-03-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012499290
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ