上路式鋼アーチ橋の大地震時弾塑性挙動および耐震性向上に関する研究 ELASTIC-PLASTIC BEHAVIOR AND IMPROVEMENT OF SEISMIC PERFORMANCE FOR UPPER-DECK TYPE STEEL ARCH BRIDGES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

レベル2地震動に対して上路式鋼アーチ橋の耐震検討を行うには, アーチリブの軸力変動や2軸曲げの影響を考慮する必要があるが, これ以外にも合成構造としての挙動を示す床版, スラブアンカーおよび補剛桁を正確に評価しなければならない. 本研究では, コンクリートと鉄筋の材料非線形性およびスラブアンカーのずれ特性を考慮した床版モデルを用いて, 3次元ファイバーモデルの動的解析を実施し, 一般的な上路式鋼アーチ橋の動的挙動を明らかにした. さらに, その解明した動的挙動を基に, 履歴型ダンパーを用いた効果的な耐震補強について提案する.

For seismic evaluation of upper-deck type steel arch bridges subjected to Level 2 ground motion, the influence of varying axial forces and bi-axial bending moments should be accounted for in the analysis. Moreover, due regard has to be paid to the integrated behavior of the superstructure composed of concrete deck, slab anchors, and stiffening steel girders. In this study, with a deck model considering both the nonlinear material characteristics of concrete and the reinforcing bar and the sliding behavior of slab anchor, transient response analyses are carried out by using the 3D fiber model. From the analyses, seismic behaviors of upper-deck type steel arch bridges are demonstrated. Furthermore, on this basis, a retrofit method by using a hysteretic damper is proposed for such structures.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (731), 31-49, 2003-04-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012499528
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6574377
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ