不連続差分格子を用いた動力学的モデルによる1948年福井地震の地震動解析 GROUND MOTION ANALYSIS OF THE 1948 FUKUI EARTHQUAKE BASED ON DYNAMIC MODEL USING DISCONTINUOUS FDM GRIDS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

表層付近のより細かな地下構造を考慮するために不連続差分格子を用い, 同時に断層の動的な破壊過程を考慮するために動力学的モデルを用いることによって1948年福井地震の地震動を解析した. 断層面上の破壊過程と地下構造による増幅過程を共に考慮することにより, 比較的単純な破壊過程の横ずれ断層を仮定しても, 観測された構造物等の倒壊方向と概してよく一致するような震動パターンを解析で再現することが可能であることを示した. 一方, 断層の北側の震動の細部に着目すると, 本解析では, 倒壊方向パターンと完全には一致しない結果となっており, 北側においては, 断層面の傾斜角や縦ずれ成分についても考慮する必要がある可能性を示唆する結果となった.

Strong ground motion of the 1948 Fukui earthquake was studied. Using discontinuous FDM grids and dynamic model, the effect of 3-D structure and dynamic source process was considered. The fault was assumed to be strike slip with relatively simple rupture process on a vertical plane. The velocity motions calculated by considering the two processes, i. e. the fault rupture process and the amplification process by sediment, were compatible with the observed directions of fall and collapse. However, the results disagreed slightly in the northern part. The simulation in the northern part might be improved by incorporating the role of dip angle and dip slip of the fault into the analysis.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (731), 81-92, 2003-04-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012499587
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6574410
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ