局部座屈の影響を考慮した箱形断面鋼製橋脚の地震時動的応答解析 DYNAMIC RESPONSE ANALYSIS OF BOX SECTION STEEL FRAMES CONSIDERING LOCAL BUCKLING

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

既設の箱形断面鋼製橋脚は補剛材剛比が比較的小さいため, 強震時には局部座屈の発生による耐力低下が危惧される. そこで梁要素σ-εモデルの弾塑性有限変位解析により, 強震時の箱形断面鋼製橋脚の最大変位および残留変位を評価する手法について検討した. 局部座屈による劣化の影響を受ける範囲を塑性劣化ヒンジと定義し, シェル要素FEM解析により塑性劣化ヒンジの動的挙動を確認した. そこからフランジとウェブの座屈応力, 軟化型応力-ひずみ関係および除荷剛性の変化を定式化し, 梁要素の応力-ひずみ関係として使用した梁要素解析により, 局部座屈を伴う箱形断面鋼製橋脚の地震時動的応答がシェル要素FEM解析と同程度の精度で得られたことから, 提案する手法が既設鋼製橋脚の耐震性能の評価に利用できることを確認した.

A dynamic response analysis method for evaluation of the maximum and residual displacements of steel piers or frames with box sections is proposed. A “plastic deteriorating hinge” is defined as a deteriorating area in the stiffened plates, which is due to local buckling. The buckling stress, the softening stress-strain relation and the decrease in unloading stiffness of a plastic deteriorating hinge are formulated from FEM studies with shell elements, and they are implemented in the stress-strain relation of a beam element.<br>The maximum and residual displacements of steel frames are successfully predicted by finite displacement analyses with such beams, which can be used for evaluation of seismic performance of existing steel frames.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (731), 169-184, 2003-04-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012499766
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6574544
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ