観測地下水位による自由地下水場の基盤高と地下水パラメータの推定について Identification of Lower Boundary of Aquifer and Groundwater Parameter in Unconfined Aquifer by Genetic Algorithm

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

この研究は数箇所の観測地下水位を用いて,自由地下水場の帯水層の基盤高と地下水パラメータを同時に同定する手法を提案している.遺伝的アルゴリズムを観測地下水位と推定地下水位の差を小さくするために使用している.ここで,基盤高の分布は数箇所の基盤高より線形補完しており,また,地下水パラメータである透水係数,有効空隙率は解析領域内では一定としている.この手法を淡水のみの帯水層および海岸近くの帯水層に適用しその有効性を検討している.

In this paper, using several observed groundwater levels, the method to identify the distribution of the lower boundaries of aquifer and the groundwater parameters in unconfined aquifer simultaneously is proposed. The genetic algorithm is used to minimize the difference between the observed and the calculated groundwater levels. Here the distribution of the lower boundaries of aquifer is expressed by linear interpolation of several lower boundaries on the grids and the groundwater parameters are constant in the region. This method is applied to the simulation regions of aquifer and coastal aquifer to discuss the availability.

収録刊行物

  • 地下水学会誌

    地下水学会誌 45(4), 409-418, 2003-11-20

    公益社団法人 日本地下水学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012511064
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10088275
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09134182
  • NDL 記事登録ID
    6777528
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-140
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ